大洋のゆくえ

日々の出来事、思ったこと、面白いを考える

会社の先輩が亡くなって、会社で働くことをを考えた。

会社の先輩が亡くなった。

それも40代半ばの働きざかりで。

 

 

前から体調不良とは聞いていたが、他支社に転勤されてからは具合が分からない状況で、久しぶりに名前を聞いたのが訃報だった。苗字だけ聞いても最初は先輩の事だと思わなくて、私の知らない人と思って流していた。先輩だと分かった時は、声をあげて驚いた。

 

 

告別式では学生服を着た息子さんが、遺影を掲げて健気に立っていた。献花の際には、先輩の年老いたご両親が泣きながら花を手向けていた。

私はお父さんを失った息子の気持ちも、子供を残していく先輩の気持ちも、息子に先立たれたご両親の気持ちも分かったような気持ちになって泣けて仕方がない。

遺影の先輩は生前の元気な頃の笑った写真で、ホームページにも載っている爽やかな笑顔で写ってて、それがより悲しい気持ちになってしまう。

告別式が終わった後ちょうどお昼時だったけど、食事に行くでも無く解散した。

 

 

翌日、仕事に行く。社内の掲示板を立ち上げたら人事発令があった。

添付されている文書を開くと、先輩の名前の横に「死亡退職」とだけ書いてあった。

亡くなったから当然のことだけど、その発令を目にした時、すごく気持ちが沈んだ。会社員として働いて、楽しいことや辛いこと、もろもろまとめて抱えて働いて、体を壊して亡くなったら死亡退職は寂しすぎると思う。当然、業務は滞りなく進み普段と同じ、何事もなかったように日常はすぎる。いてもいなくても一緒じゃないか、と思ったりした。何がチームだ、何が連帯感だと。

 

結局会社は働く場所であって、何かあったからと言って守ってくれる事はない。自分のことは自分で守る必要があるし、あんまり会社に期待しない方がいい。今勤めているこの会社のことは好きだけど、そこはわきまえておこうと感じた出来事でした。