大洋のゆくえ

日々の出来事、思ったこと、面白いを考える

感情コントロールの話

最近イライラする事が減った。年をとって落ち着いてきただけかもしれないけど、以前と比べて穏やかになったんじゃないかと思う。

その理由を考えてみました。

 

体を動かす事はストレス解消につながる。

ちょっと調べてみたけど、ランニングなどの有酸素運動には「ストレスホルモン(コレチゾール)を分解し」「脳内麻薬エンドルフィンが分泌され快感をもたらし」「運動の後には副交感神経が活性化され」心身ともにリラックスする事が出来るそうです。

 

でも、そんな小難しい事を考えなくても体を動かすと良く寝れる。

頭が空っぽになるから(普段からとか言わないで)、ぐじぐじと考えてこんがらがった物事もすっきりして新しい解決策が見つかったりする。
 
自分で設定した距離を走り終えたときの達成感とか、ちょっとした自信につながる。自信がついたらどっしりと構えられる。どっしり構えたら余裕が生まれて、気持ちも落ち着くんだろうと思う。
 
 

 考え方を変えてみる。

子育てしてて思ったことだけど、子供の行動って予測出来ないし思ったようにいく事なんかまずない。
そんな中思った事だけど、行動の結果を見てイライラするのではなく、動機や過程を見るようにしたら良い。
何がしたかったのか、何を思ったのか、子供の気持ちになって考えてみたら共感出来る部分もあったりして、そんな風に分かり合えたらあんまりイライラする事も減った気がする。でも時間がない時とかやっぱりキーッてなったりするから修行が必要がなとは思う。
 
 
以上、感情のコントロールの話でした。
大好きだったばあちゃんが、「短気は損気その身の損じゃ」と歌うように言っていた事を思い出す。あの頃は良く分からなかったけど、今では良く分かります。