大洋のゆくえ

日々の出来事、思ったこと、面白いを考える

映画ドラえもん「日本誕生」を見に行った話

日曜日、エキスポシティに家族で劇場版ドラえもん「新、のび太の日本誕生」を見に行った。

 

日本誕生は小学校の時に見た以来だったから、とても楽しみにしてた。割と冗談抜きで週末しんどい状況で、仕事の気力はドラえもんで持っていたと言っても過言では無い。

ただ記憶の中の日本誕生では、時空乱流のくだりとか、のび太の遭難のくだりとか怖かった印象(死を意識したから)があったから大丈夫かなと、若干の不安もあった。甘くなってないかなと。ある程度原作通りにいって欲しいなとか思ってたけど、取り越し苦労でした。とても面白かった。子供達も楽しめた様子。

 

懐かしさってのも大きいとは思うけど、十分自分も楽しめた。

登場人物の台詞が先に出るくらい、思ってたより記憶に残っていて驚いたけど、見方はやっぱり変わってて、年を取った事をひしひしと感じさせられる。家出をして自分たちの自由にしたいのび太達より、宿題しなさいとか小言を言ってしまうのび太のママに共感してしまう。作ってる側も私みたいなドラえもん世代の親を対象にしているような気もする。

 

のび太のためと思って厳しく叱ってしまうママの気持ちとか、家出したのび太を心配するママの演技とか良かった。子供との接し方で難しいと思ったりする事は多いから、ママに感情移入してしまう。現実的に自分たちの楽園をつくるとか、夢みたいな事は言ってられないよなぁと思ったけど、そんな事を考えたりする自分もどうかと思った。

 

ラストは記憶とは異なってたけど良かったです。

秘密道具に頼らずに、みんなで力を合わせて頑張った結果、ギガゾンビに一矢を報いた所は良かった。原作ではタイムパトロールありきだったと思うから。

 

それにしても久しぶりの劇場版ドラえもんは面白かった。

ドラえもんは大正義だ。

 

私が劇場版ドラえもんを始めてみたのは「のび太の鉄人兵団」だった。

たしか幼稚園に入る前。幼稚園生のお兄ちゃんとおばあちゃんと見に行った。

映画を見る前、駅ビルの喫茶店でケーキを食べた事だけ覚えてる。

たぶん子供達も、今回みた劇場版の内容とかは忘れてしまうと思うけど、何となく楽しかった事は覚えておいてほしいな、と思った。

 

f:id:taiyo99:20160317012406j:plain

 

ドラえもんとは全く関係ないけど、エキスポシティにある映画館の前の広場。

やたらと寝そべって自撮りする人がいてびっくりした。流行ってるんかな?とか思ったけど、なんでここで?って疑問の方が大きかったです。不思議。