大洋のゆくえ

日々の出来事、思ったこと、面白いを考える

「だがしかし」と読まず嫌いのはなし

「だがしかし」

気になってたけど、めでたく読めた。近所のツタヤがブックレンタルを始めてて、そこで借りた。
1巻だけしか読んでないけど面白かった。
 
 
ボケとツッコミのテンポが良い。
ほたるさんが可愛い。
話題が駄菓子だから、エピソード毎に共感できる部分がある。懐かしいな、と思いながら読んだ。
 
 
読んでる途中でふと思った。
なんかうすた京介っぽいなと思ってしまった。
ツッコミの間の取り方とか、ゴゴゴゴ・・・!!!って音をバックに登場人物が目を光らせたりする所とか、効果音の書き方とか、全体の雰囲気からうすた京介っぽさを感じてしまった。
 
 
そして同時に少し怖くなった。
あれ?俺なんか視野狭過ぎね?頭固くねぇ?って。
 
 
思えば、読まず嫌いがひどい傾向は昔からあった。「ジャンプ」以外は読まないとか、異能力バトルはジョジョのパクリとか、バスケ漫画スラムダンクしか認めないとか、変なプライドを持ってた時期があった。
 
 
世界が狭いぜ。
ジャンプ以外でも面白い漫画はいっぱいあったし、異能力バトルもジョジョ以外認めなかったら最近の漫画はどれも読めない。もしもジョジョが最高と言うのなら、他の漫画も色々と読んでからじゃないと比べられないし判断出来ない。変な話だけど、駄作でもたくさん読むからこそ傑作を見抜く目を持てるんだと思う。
 
 
「だがしかし」にしても、もしもブログとかで「うすたっぽい」って意見を見たとしたら読んでいない可能性もある訳で、それって凄くもったいない。重大な機会損失ですよ。
 
 
思い込みとか視野を狭くするし、偏見を生む。
思い込みとか捨てて、純粋に楽しめばいいのにー自分。それは漫画に限らず音楽や映画や小説に関しても同じ。(そう言えば昔、J-POPは聞かないとか言ってたなー)
 
 
狭い世界の中で分かったような事を言わないで素直に楽しめよ、と思った話でした。