大洋のゆくえ

日々の出来事、思ったこと、面白いを考える

子供が風邪を引いて思うこと

一昨日から風邪を引いたたけ@4歳の話。

40℃超えの発熱があったりで、すごくテンションが低い。
スヤスヤ寝てたと思っても、熱でうなされて起きて大泣きする事もしばしば。
そりゃあ心細いだろうと思って、昨日は休みって事もあって一日中寄り添っていた。
子供のそばで寝たり、スマホいじったりして過ごしてる間、病気について考えたりした。
 
 
私は普段健康だから、病気したらものすごく弱ってしまう。一度でも経験したら、ある程度予想出来るから気分も楽になるけれど、初体験の症状には弱い。
 
 
小学生の時、初めて本格的な風邪を引いた。40℃を超える発熱、頭が痛いし体がだるくて重い。
基本、両親の病気に対する方針は、寝たら治るの一択だったので、寝て治そうと思ったけど頭が痛くて寝られない。正直、このまま寝たら起きれないんじゃないか、永眠してしまうんじゃないか、とさえ思った。
これはまずいと思って病院に行こうと親に訴えたら、いってらっしゃいとだけ言われた。仕方が無いので、40℃超えの発熱中一人で歩いて行きつけの内科に行った。
道中目が回ってフラフラした。この時ばかりは、おかんの事を鬼かと思った
 
 
社会人になってから、これまた未体験の風邪を引いた。
激しい下痢と嘔吐と発熱に苦しんだ。水を飲んでも吐く状態で、体が重く熱もあるしどうしようもない。その時流行ってたノロウィルスかと思ったけど、判断しようも無いので家訓に従い寝ていた。
その日の夕方、当時の彼女がやってきて病院に連れて行かれた。
結局、病院もどうしようも無かったようで、診察の後ブドウ糖?を点滴されて終わった。
 
 
後日、彼女から情けないとなじられた。私が居ないと何も出来ないのか、と。体調が悪いなら病院に行けばいい、運転出来ないくらい不調なら救急車を呼べばいい。何もしないで寝てるだけとか情けない、と言われた。話の端々に「お母さんが・・!」と出てきたので、あの後自宅で私の事をお母さんと一緒ボロカスに言ってる事も想像出来た。
 
 
そうは言っても、こちらとしては色々と考えた上での判断であった訳で、スポーツドリンクとかウイダーインゼリーとか揃えた万全の体制で寝て治そうとしていた。そんな事言うんならほっといてくれたらいいのに、と思ったけど言わなかった。
その子とは、それから少しして別れた。
 
 
普段元気な人ほど、たまに病気したら気持ちも弱る。子供なら尚更だろう。
その気持ちはよく分かるので、病気した時くらい側にいてあげるようと思う。
 
 
病は気からと言うけれど、気を保つのも一人じゃ難しいと思った話でした。
 
おわり