大洋のゆくえ

日々の出来事、思ったこと、面白いを考える

ブラスバンドの演奏会を聞きにいった話

先日、会社の先輩が参加しているブラスバンドの演奏会が開かれるという事で聞きにいきました。その時の話。

 

 

区民センターの大ホールにて行われた演奏会、メンバーも一般人で聴講者も素人という事でミュージカルを中心に分かりやすい曲が多くて楽しめました。

 

 

パンフレットの曲目紹介をみると、、、

 

テイクオフ

ガリバー旅行記

パガニーニの主題による狂詩曲

魔法にかけられて

ライオンキング

オペラ座の怪人

 

となっています。

正直、どれもまともに聞いた事がない・・・

 

ただ良かったのが、それぞれの曲を演奏する前に、司会の方が曲を紹介してくれたから非常に分かりやすかった。

 

ガリバー旅行記の第3パートだったと思うけど、空飛ぶ島ラピュータは言われた通りにふわふわとした印象を受けたし、小人の国、巨人の国はそれぞれ小人や巨人が動くところがイメージ出来て面白かった。

 

スポーツ観戦にしてもそうだけど、初心者相手に分かってる人が解説してくれたり、見所を紹介してくれたりしたら敷居も低くなって良いよなって思う。わたしは落語を聞きに寄席に行ったりもするけれど、最初に寄席に入る時は若干緊張したのを思い出した。

 

クラシックも聞き方が分かれば、わたしでもすんなり聞けるんじゃないかと思った演奏会でした。

 

個人的に面白かったのが、普段はじっとしてられない子供達が割と大人しく聞いていた事。やっぱり生演奏による臨場感は違うんだなと実感。

でもさすがに最後の方は飽きてきてたけど、オペラ座の怪人のシャンデリアが落ちるシーンでビクってなってた。これは絶対に驚くだろうと予想してたので、予想通りの反応で笑いそうになりました。子供は分かりやすくてかわいい。

 

音楽でも演劇でも構わないけど、実際に生の演奏やお芝居に触れないと駄目だと思った。子供に限らず、わたし自身に言える話。TVで見るならまだしも、ネットで概要を確認して満足する事もあるので、これは本当に気をつけたいと思った話でした。

 

おわり