大洋のゆくえ

日々の出来事、思ったこと、面白いを考える

家作りで大切なのは「どんな暮らしがしたいのか」それに尽きる。

学校を卒業してから、かれこれ10年以上建築屋として住宅業界で働いてきました。

 

今、家族も増えてマイホームを計画していますが、その状況で思うことは改めて家作りって宗教じみているよなって事です。

 

 

マンションか戸建てか

木造か2x4か鉄骨かRCか

内断熱か外断熱か

 

 

家を建てる際の選択肢は複数あって、それぞれの派閥がそれぞれの信仰が正しいって主張するから何が正解なのか分からなくなってきます。

 

 

もちろん高い買い物だから損をしたくない。

損をしないようにと思って、万人にとっての最善の答えを探し出したら最後、そこから抜け出す事は出来なくなります。だってどれも良く思えてくるから。どれも正解に見えるし、実際どれも正解です。(実際プライベートでどんな家が良いのか相談されたら、なんでも大丈夫、予算内で好きなの建てなよ、ってアドバイスするし兄弟にもそう言いました。)

 

 

だからそこでどんな暮らしがしたいのか、が大切になってきます。

 

 

何をして過ごしてどんな生活をしたいのか。10年後、20年後で変わるであろうライフスタイルを予想して、どう暮らしていくのか。それらを突き詰めて考えていったら、自然と選択肢も絞られていって、自分たちにあった理想の家が見えてきます。

 

 

わたしはDIYがしたいので、在来木造で単純な間取りの家が理想です。自分で作るので何も無い箱で十分です。そうは思っていたけれど、当初は予算面から考えだしたので迷って迷って仕方なかった。慎重に考え過ぎて答えが出ない状態。一度無難な方向にまとめてみようかと思ったりもしましたが、いかんせん面白くない。なんで面白くないんだろうかと考えたら、そこに暮らしが入ってなかったからだと気付きました。

 

 

結局家は器なので、大切なのはそこに何を入れるかだと思います。だから中身が魅力的であるならば器は極論になりますが賃貸でも良い訳です。でも器を変えた方が内容の質が変わるんなら器は変えた方が良い。

 

 

なんでこんな事を書いているかといいますと、今から住まい作りの打ち合わせに行くからです。割とトントン拍子で話が進みそうなので、若干ビビってます。

 

 

だってさ、3000万円以上借金した事なんか無いし。怖いよねぇ。ほんとビビるわ。でも自分達の理想の暮らしが見えてきたので、楽しめそうだって気持ちもあります。

 

 

とにかく!もう動き出したので気合い入れて頑張るしか無い訳ですが、紺屋の白袴にならないように頑張ります。

 

以上おわりー。