大洋のゆくえ

日々の出来事、思ったこと、面白いを考える

「かわいい」と「スターウォーズ」の話

「かわいい」って便利な言葉だな、と思う。

 

男の使う「かわいい」は容姿か性格の事で間違いない。

それに比べて、女の使う可愛いはこのそれらを含む全てだ。
なんとも包容力があるなと思う。
 
「かわいい」は何でも受け入れる。細かい説明は不要。考えるな、感じろだ。
 
 
ちょっと前だけどスターウォーズEP7の公開前、SW女子なるものをTVで紹介していた。
そこで紹介された女の子たちはEP1〜6まで、ひとつも見た事が無いと言う。
どこがSW女子かと言えば、ファッションや小物がSW関連だった。
なんでもダースベイダーやストームトルーパー、R2-D2が可愛いから好きだそうだ
 
圧倒的に、にわかファンだ
でもTVに顔出しでSWの魅力を語る。可愛いから良いんだ!って自信を覗かせて。
 
可愛いは正義なのだ
 
 
 
私はにわか乙とか言われる風潮がいやだ。
マニアじゃないと語るな、って空気が嫌いだし、俺くらいの知識でファンとか言っちゃおこがましいんじゃないか?とか思ったりする自分も嫌だ。
好きと知識が比例する事は分かるけど、知識が深いと勝ちで浅いと負けてると思って気軽に話せなくなる事もあった。
 
だからSW女子を見て自由で良いなぁと思った。
それに比べて、まわりばかり気にする自分はひどく不自由だ。
 
過去作見た事無いようなにわかファンでも、好きなら好きで良いじゃん!そう言えるのはかっこいいなとさえ思うし、「かわいい」で共感できるのはすごい事だなと思う。
 
共感すること、人の好きを否定しないこと。
「かわいい」と「スターウォーズ」で、そんな事を思った。